憧れの北里と神奈川で開業医をしているいとこの出身大学 聖マリアンナ医科大学医学部

北里大学の創設者

幼い頃、北里柴三郎や野口英世に憧れて、伝記を読んでいました。
北里柴三郎は細菌学の父、野口英世も細菌学、特に黄熱病の研究をして成果を残しました。
北里柴三郎はペスト菌や破傷風の治療法を発見したことで知られています。
ドンネル先生という愛称で呼ばれていたそうですね。
現在の北里大学や慶応義塾大学医学部の創立者としても有名です。
野口英世は幼い頃、手をやけどしてその後遺症がずっとあり、その時の体験から医師を志したといわれています。
そんなお話もとても印象に残り、私自身も医師になりたいと思っていました。
いとこのことももちろんですが、医者になるためには学費がかかります。
おそらく普通の社会人、サラリーマンなどの年収では払うことが不可能でしょう。
何かしら援助を受けなければなりません。
いとこの卒業した聖マリアンナ医科大学もかなり高額な学費で知られています。
北里大学や慶応義塾大学も同じように、お金がなければいくことができません。
当然のことになっていますが、私は何か違うと思っています。

母方のいとこが聖マリアンナ医科大学医学部を卒業 | 北里大学の創設者 | 医師になるための能力や適性